スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たこちゃんの4コマ漫画「八百長」

                        八百長



大相撲の八百長問題。

これは、江戸時代の頃からあった話だから、

今さら問題にする方がおかしいと思う。

プロレスなんかも、

60分3本勝負をガチでやったら身がもたないわけで、

半分本気、半分ショーだと思って皆見ている。

大相撲も、お金のやり取りはいけないけど、

「人情相撲」

はあっていいと思う。

なぜなら、それが長い長い大相撲の伝統だから。


「八百長」と言う言葉も、

実は「碁」の実力がある八百屋の長兵衛さんが、

碁仲間の相撲取りに商品を買って貰うためにわざと負けていた、

と言う所から来ているようだから、

相撲に八百長はつき物で、

「相撲ショー」

として見ればいいんじゃないかな。

だいたい、7勝7敗の力士と8勝6敗の力士をぶつけるのがおかしいと思うし、

部屋どうしが対戦してはいけないんだったら、

50もある部屋を20くらいに減らせばいいことで、

幕内100万円、幕下0円なんていう給料体系もおかしいし、

相撲協会は40億円くらい溜め込んでいるってのもおかしいし、

まったくもって、「大相撲」の世界はおかしな話ばっかりだね。


がんばれ「やおちょうや」

って言いたくなるよ、

まったく。








スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。