FC2ブログ

たこちゃんの4コマ漫画「バランス」

                    バランス



先日閉幕した「サッカー・ワールドカップ」、

随分頑張った日本勢で、矢張り一番目立ったのは「本田」だろう。

デンマーク戦での、あの無回転のペナルティーキックは、素晴らしかった。

その後の、遠藤のP,K,がかすんでしまうくらい凄かった。

私も高校時代サッカー部だったので、一生懸命にボールを蹴ったのを思い出すが、

回転ささずにシュートするには、「トゥーキック」といって

つま先でボールの真ん中を蹴る方法しか知らない。

でもそれだと、どこに飛ぶか分からない。

そういえば、バレーボールのサービスで、押し出すように打ったら無回転になり、

左右にぶれてすとんと落ちるのがあったのを思い出した。

あれと同じことなのだろうけど、手で打つのと足で蹴るのでは難易度が何倍も違う。

だけど、みんなが無回転ボールを蹴ってきたら、キーパーは大変だろうな。

オランダ戦で川島が、

「自分の感覚では、止めたはずだった。」

と言っているように、数センチ変化したら止められないのだろう。

ボール自体も、縫い目とか、硬さとか、表面の手触り感とかが、

随分変わってきているように思える。


「サッカーの代表監督は、大統領よりも大変な目に遭う」

なんてどこかの国では言われているが、

岡田監督も、本戦前はものすごく叩かれたのに、

ワールドカップが終わるとマスコミ、サポーターの態度が豹変したので、

「してやったり」って感じじゃないかな。


日本代表も、ヨーロッパ、南米相手に、何とか試合らしくなってきたけど、

もっと上、「ベスト4」くらいを目指すためには、

「正確な早いパスをどれだけ繋げることができるか」

これに尽きると思う。

今回のワールドカップで、日本代表はピッチを走り回って、

相手のシュートチャンスをつぶす事には、ある程度成功したと思う。

だが、ボールのキープ率が悪すぎる。

せめてキープ率を50パーセントに近づければ、もっと強くなるはず。

4年後の「ワールドカップ・ブラジル大会」には、

ワンランク上を目指して、頑張れ日本代表。