FC2ブログ

たこちゃんの4コマ漫画「選挙管理委員会」

                       選挙管理



先日行なわれた「参議院選挙」

せっかく鳩山、小沢ダブル辞任で回復したかに見えた民主党への支持が、

菅首相の消費税発言で吹っ飛んでしまい、惨敗してしまった。

なんで「消費税10パーセント」

なんて言ってしまったんだろう。

自民党が「消費税10パーセント」って言ったんだから、

民主党は上げません、って言えばいいのに。

選挙は「対立軸」がないと、有権者も困ってしまう。

だからかなり実現が難しい「アジェンダ」を掲げながら、

ぶれることなく自信満々に語る渡辺ヨッシーの「みんなの党」が

大躍進したんだと思う。

日本人は総理大臣に対して、いい政策、悪い政策というよりも、

一旦口にした政策に対して、ぶれずに最後まで貫いてほしい、

という思いが強い。

だから「郵政民営化」を非情なまでに貫いた、小泉元首相の人気が

高かったんじゃないかな。


個人的には、消費税は上げるべきではないと思っている。

なぜなら、みんなの負担が増えて景気が悪くなる、

というのではなくて、5パーセント増えた分、12兆円は、

官僚たちが取りっこしてなくなってしまうに決まっているから。

財政危機のため、ギリシャのようにならないように、なんていっているけど、

財政危機を解決するためには、消費税を20パーセントには

しなければいけないが、そんなことをすれば経済ががたがたになるのは

目に見えている。


政治家の心の中は「票が取れればそれでよし」と思っている人ばかりだ。

官僚の心の中は「既得権益離してなるものか」と思っている人ばかりだ。

H22、年度末には、日本の借金は973兆円にもなる見通し。

どうしてこんな「借金大国」になってしまったんだろう。


だけど、たとえば公務員や、公益法人、特殊法人などのみなし公務員の給料が

60兆円だというから、その20パーセントをカットすれば12兆円で

ちょうど消費税5パーセント分にあたるので、消費税アップしなくていいわけだ。

そういうことをどんどんやっていって、もうどこも手を付ける所がない状態で

消費税の議論を始めて欲しいと思っている。

有権者は「消費税を上げること」はしょうがないと思っている。

が、「その前にすることがあるでしょ」と菅総理に言っているのだ。

「事業仕分け」は確かにすばらしい試みだが、

もっと「劇的」な仕分け、たとえば100の特殊法人を1つに統合するとか、

理事以上、特に理事長はボランティアでやってもらうとか、

やれることは何でもやって欲しい。


民主党も自民党と同じように期待はずれだなあ、と思うひとが

「みんなの党」に期待を込めて投票したのだと思う。

政治の不手際で財政危機を迎えているのだから、

国民に消費税アップという形でのつけを回さずに、

政治の力で財政危機をどうにかして欲しいものだ。


国会の最も無駄なもの、それは「参議院」。

「良識の府」なんて言われているが、政党の縛りが強く、

個人の意見なんて無視される、「ねじれ」のもと。

いっそ、参議院なんてなくしてしまえば、という考えがある。



「事業仕分け」でれんほう議員が一言言ってくれないかなあ。

「参議院、廃止しましょう」

ってね。


・・・・あっ、だめだ。

れんほうさん、参議院議員だよ。